東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

個人線量に基づき除染 環境省7月中旬にも方針

除染の長期目標について語る井上副大臣

 福島、郡山、相馬、伊達の4市と環境省、復興庁の除染をめぐる勉強会は15日、福島市の福島グリーンパレスで開かれた。会議終了後、井上信治環境副大臣は記者団に「(除染の長期目標は)個人線量を活用し、住民の健康影響への不安に応えられるような方針を示したい」と述べ、個人被ばく線量の実測値に基づく除染方針を7月中旬にも策定する考えを明らかにした。
 勉強会は4市の関係者や専門家らが出席した。4市の市長からは国が除染目標の明確な基準を示すよう求める声が相次いだ。井上氏は「(除染目標は)空間線量から個人線量に着目すべきという意見が多かったように思う」と述べ、4市との協議を踏まえて国の方針を公表するとした。
 国は除染の長期目標を個人の年間追加被ばく線量1ミリシーベルトとしている。1ミリシーベルトは空間放射線量で毎時0・23マイクロシーベルトと換算されるが推計値のため、実際の外部被ばく線量との隔たりが指摘されている。
 勉強会では、線量に応じた除染や放射線教育の重要性などを訴える声があった。福島民報社の早川正也編集局次長兼社会部長が出席した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧