東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

住民説明会開催の意向 望月環境相 富岡、楢葉で

宮本町長(右)と面会する望月環境相(手前左から2人目)、小里副大臣(左)、福山政務官(手前左から3人目)=郡山市・富岡町役場郡山事務所

 望月義夫環境相は9日、東京電力福島第一原発事故で発生した放射性物質を含む「指定廃棄物」を富岡町の民間管理型処分場で埋め立て処分する計画について、同町と隣接する楢葉の2町で再度、住民向け説明会を開く意向を明らかにした。就任後初めて郡山市の富岡町役場郡山事務所といわき市の楢葉町いわき出張所を訪れ、両町長と会談した後、いわき市で記者団に表明した。
 望月環境相は記者団に、「(管理型処分場は)中間貯蔵施設と同じように最も大切な施設の一つ。丁寧で分かりやすい説明を積み重ねたい」と述べた。さらに、「町や住民、関係する人たちとの信頼関係構築が重要」として、計画を慎重に進める考えを示した。説明会の開催時期は今後、両町と協議して決める。
 会談で、富岡町の宮本皓一町長は埋め立て計画について「迷惑施設であるが、復旧・復興のためにはどこかになくてはならない」との認識を示した。ただ、「町議会、町民から計画に厳しい意見が出ている」として、指摘されている問題点に早急に対応するよう求めた。
 楢葉町には関連施設の計画があり、松本幸英町長は「国からの説明は一度のみで、詳細は今後の話だ。迷惑施設に変わりはなく、慎重に検討したい。住民の理解が得られるのか国の説明を注視したい」と述べた。
 小里泰弘環境副大臣、福山守環境政務官が望月環境相とともに両町長を訪ねた。
 環境省は富岡町に対し、1キロ当たり10万ベクレル以下の放射性廃棄物を同町の民間管理型処分場「フクシマエコテッククリーンセンター」で埋め立て処分する計画の受け入れを要請。楢葉町には、焼却灰などの固形化施設を設け、固形化後に富岡町の処分場で最終処分する計画を示している。すでに両町の住民向けの説明会を開催している。

カテゴリー:福島第一原発事故

松本町長(右)と面会する(左から)福山政務官、望月環境相、小里副大臣=いわき市・楢葉町いわき出張所

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧