東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射性物質や大雨大雪学ぶ 福島で気象講演会

大気中の放射性物質について話す渡辺特任教授

 「東日本大震災以後の福島の空」をテーマにした、日本気象学会東北支部の気象講演会は23日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。
 福島地方気象台の共催。約60人が参加した。福島大共生システム理工学類の渡辺明特任教授が「大気中放射性物質の動態と今後の課題」、福島地方気象台の小畑英樹観測予報管理官が「福島における最近の大雨と大雪」と題して話した。
 渡辺特任教授はさまざまなデータを基に東京電力福島第一原発事故発生後の大気中の放射性物質について解説した。「安全・安心な社会づくりのため、原発事故を客観的・科学的なデータで検討していくことが大事」「科学的な情報を理解し、自己の安全を確保できる人材育成が必要」などと訴えた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧