東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

あんぽ柿加工再開拡大 県産地振興協会 原発事故前の75%に回復へ

 伊達地方の自治体や生産団体、県などでつくる県あんぽ柿産地振興協会はあんぽ柿の加工再開モデル地区を拡大し、伊達、桑折、国見の三市町の全域と福島市の24地区とする。26日、福島市のJA福島ビルで開いた会議で決めた。

 出荷目標を昨年の約2倍となる1157トンとし、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故前の75%にまで回復させる。
 昨年の加工再開モデル地区は伊達市が34地区、桑折、国見両町の全域だった。今年は新たに伊達市が10地区増えて全域となるほか、初めて福島市の24地区が加わる。
 出荷量拡大に対応するため、あんぽ柿の放射性物質濃度を調べる非破壊式検査機器を追加で7台購入し、計33台とする。
 県内のあんぽ柿の出荷量は平成24年がゼロ、25年が震災と原発事故前の14%の約200トン、26年が36%の500トンだった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧