東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

広野町がレイスと企業立地調印式 29年度操業目指す

確認書を交わす遠藤町長(右)と鈴木社長(左)。中央は高木副大臣

 式典の席上、広野工業団地に工場を新設する子ども用化粧品の製造・販売を手掛ける「レイス(本社・東京)」と、広野町との企業立地調印式が行われた。
 遠藤智町長とレイスの鈴木真澄社長が確認書に署名した。遠藤町長は「レイスと共に力を合わせ、復興への道を進んでいきたい」、鈴木社長は「一日も早い操業を目指し、広野町と共に発展できる企業となりたい」とあいさつした。高木陽介経済産業副大臣が立ち会った。
 同社は工業団地の約4000平方メートルを町から借りて工場を建設し、平成29年度の操業を目指す。総事業費は約2億円で、操業時は従業員30~40人を地元から雇用する。
 経済産業省が3月に始めた「企業立地促進プロジェクト」の第一号として、同社を広野町に誘致した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧