東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

初めて海に放出 井戸からくみ上げた地下水 第一原発

 東京電力は20日、福島第一原発建屋周辺の地下水をくみ上げ、浄化して海に放出するサブドレン計画で、護岸近くに設置した地下水ドレンと呼ばれる井戸からくみ上げた地下水を初めて海に放出した。
 午前10時10分ごろから排水を開始し、午後3時50分ごろまでに建屋周辺の井戸「サブドレン」でくみ上げた水と合わせて計822トンを放出した。
 放出された地下水は東電と第三者機関による分析で、放射性セシウムとストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が検出されなかった。トリチウムは放出基準値(1リットル当たり1500ベクレル)を下回る290~370ベクレルだった。
 地下水ドレン計画では、汚染地下水の海洋流出を防ぐ海側遮水壁の建設によって壁内側の水位が上昇するため、専用の井戸から地下水をくみ上げる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧