東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

マレーシアに県産米輸出へ 県が初

 県は16日、マレーシアに初めて県産米を輸出すると発表した。県産米の輸出は東京電力福島第一原発事故発生後、シンガポールに次いで二カ国目。12トンを輸出する予定だ。
 県は原発事故前からマレーシアにほとんど農作物を輸出していなかった。原発事故後に農業関係団体などと放射性物質検査による安全対策を説明し、平成25年からモモなどの輸出を開始。急速な経済成長に加え、日本食がブームとなっていることから県産米をアピールしてきた。
 県産コシヒカリ1袋2キロを6000袋(合計12トン)販売する。パッケージには桜のデザインを取り入れ、裏面に県産米と明記した。マレーシア国内の小売店10店舗で20日から取り扱う予定。27日から3日間、現地で県職員が試食提供や安全性をPRする。
 県は今年度、シンガポールに約850キロを輸出している。原発事故前の22年度は香港に100トン、台湾に3トン、オーストラリアに5トンを輸出していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧