東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興へ意見交換 全国市議会議長フォーラム19日まで福島

県内産日本酒の魅力を紹介する酒造関係者

 第10回全国市議会議長会研究フォーラムは18日、福島市の県文化センターで開幕した。全国364の市、区議会議員ら約1930人が参加し、東日本大震災からの復興をテーマに知見を深めている。19日まで。
 開会式で岡下勝彦会長(高松市議会議長)が「お土産をたくさん持ち帰り、風評払拭(ふっしょく)に貢献しよう」とあいさつし、元復興庁復興推進委員長の五十旗頭真熊本県立大理事長が「大震災からの復興と備え」と題して基調講演した。五十旗頭氏は東日本大震災による被災後の復興状況に自治体間で差があると指摘。「ハード面の復興は誰がリーダーシップを執るかが重要。ソフト面では日常のコミュニティーづくりが非常時の共助につながる」と述べ、防災には多方面で取り組むべきとの考えを示した。
 パネルディスカッションでは、高木克尚福島市議会議長や有識者らがパネリストを務め、震災復興や地方創生の課題、議会の役割について意見を交わした。19日は事例報告を行う。
 会場前ブースでは福島市内産のリンゴなどを紹介した。終了後、市内のウェディングエルティで意見交換会を開き、全国新酒鑑評会で金賞受賞数が3年連続日本一となった県産日本酒の魅力を全国に発信した。

カテゴリー:福島第一原発事故

基調講演する五十旗頭氏

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧