東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

20キロ圏内試験操業検討 26日「自粛海域」新案公表

試験操業の範囲拡大を検討する方針が示された県地域漁業復興協議会

 県漁連は東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内の海域で自粛している試験操業の実施を本格的に検討する。25日、いわき市で開いた県地域漁業復興協議会で明らかにした。

 福島第一原発では海側遮水壁が完成し、原発建屋周辺の井戸「サブドレン」から地下水をくみ上げ、浄化後に海洋に放出している。自粛海域の海水の放射性物質濃度が低下傾向にあるため、試験操業の実施に向けた検討を進めることにした。
 27日にいわき市で開く県漁協組合長会議で、新たな自粛海域の範囲などを示した案を公表する。これを受け、いわき市漁協と相馬双葉漁協がそれぞれ意見をまとめた上で、来月の県地域漁業復興協議会で意見を集約する。
 25日の県地域漁業復興協議会では、現在、出荷を自粛しているマダラの出荷自粛を解除する方針を決めた。県漁協組合長会議で正式に決める。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧