東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

福島庭園で記念植樹 英訪問中の高校生ら

福島庭園で記念植樹をした会員、関係者

 日本舞踊を通して東日本大震災と東京電力福島第一原発事故への支援に感謝を伝えようと英国を訪れている福島市の「福島里の子会」の高校生らは10日、ロンドンのホーランド・パークにある福島庭園を訪れ、記念の植樹をした。
 本県の支援活動をしている関係者ら約30人が出席した。里の子会の会員らがモミジを植え、出席者に手作りの和風の袋を贈った。ホーランドパーク側から文房具がプレゼントされた。会員の佐藤裕華さん(福島東稜高3年)が感謝のスピーチをした。
 福島庭園を手入れしている庭師らが園内を案内し、英語で語り合った。会員らは「こんな中心地に大きな福島庭園があり、びっくりした。モミジの成長と自分たちの成長を確認するため、将来また福島庭園を訪れたい」と誓い合っていた。福島庭園は平成24年、福島民報社によるふくしま復興大使の派遣をきっかけに開園した。再生への決意と支援への感謝を伝える場所となっている。昨年も開園3周年で復興大使が訪れている。
 一行はオックスフォード大で催された日本酒セミナーで学生らに踊りを披露。会員の馬場千佳さん(福島大付属小4年)が「世界からの支援に感謝する。皆さまから愛を頂き希望が持てた」と英語でお礼を述べた。
 喜多方市の大和川酒造店が試飲会に出品した。佐藤和典社長が純米や大吟醸、発泡など6種類の酒を振る舞って酒どころ福島の魅力をアピールした。
 在英県人会ロンドンしゃくなげ会の満山喜郎会長らが現地の様子を福島民報社に伝えた。

カテゴリー:福島第一原発事故

県内の酒が振る舞われた日本酒セミナー

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧