東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

飯舘で初の災害公営住宅 大谷地団地が完成

テープカットで完成を祝う菅野村長(右から3人目)ら

 東京電力福島第一原発事故で全村避難した飯舘村の災害公営住宅「大谷地団地」の竣工(しゅんこう)式は20日、同村草野の現地で行われた。村内で災害公営住宅が完成するのは初めて。
 約30人が出席し、菅野典雄村長が「復興の拠点にしたい」とあいさつした。来賓、設計・施工業者らがテープカットで完成を祝った。
 村は旧大谷地団地の老朽化に伴い、跡地などに災害公営住宅として16戸を整備する。今回完成したのは第1工区の8戸で、福島再生加速化交付金など約2億7000万円を充てた。旧団地の入居者から優先募集し、6戸の入居が決まっている。村は帰還に向けた長期宿泊を7月1日から可能とするよう国に求めており、認められれば同日から入居できる。
 第2工区は年度内を目標に、旧団地の跡地で残りの8戸を建てる。平成30年度までに集会所や広場なども整備する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧