東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

坂本龍一さんと練習 東北ユースオーケストラ

音合わせをするオーケストラの団員

 東日本大震災で被災した福島、岩手、宮城3県の若者で組織する「東北ユースオーケストラ」の第4回合同練習会は25日、福島市のパルセいいざかで開かれた。来年3月の県内初の公演に向けて代表で監督を務める音楽家の坂本龍一さん(64)の指導の下、音合わせに臨んだ。
 指揮者柳沢寿男さん(45)のタクトでマーラーの交響曲第1番、坂本さんが作曲したNHK大河ドラマ「八重の桜」のテーマ音楽などを演奏し、パートごとの音色や間合いなどを確認した。今年度初めて直接指導に当たった坂本さんは、ピアノを弾きながら団員にアドバイスを送った。
 チェロ担当の阿部秀捷(ひでとし)さん(日大工学部1年)は「一人の力は限られているが、みんなで協力して音楽で復興機運を高めたい」と語った。
 東北ユースオーケストラは、音楽の力で被災地を元気づけようと坂本さんの発案で平成25年に結成された。復興支援コンサートへの出演をはじめ今年3月に初めて東京都で公演した。今年度は県内出身者約60人を含む小学5年から大学4年まで計112人が参加している。

■公演は民報社創刊125周年事業

 郡山公演は来年3月26日に福島民報社創刊125周年記念事業として郡山市民文化センターで行う。前日の25日には東京オペラシティコンサートホール(東京都新宿区)で演奏する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧