東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

大熊の盆唄思い継承 熊町、大野小5、6年生 初の太鼓合同練習

太鼓ばやしを一緒に練習する5、6年生

 大熊町の夏の夜を盛り上げてきた盆唄の継承に取り組む町内の熊町、大野両小の5、6年生は1月31日、初の太鼓合同練習を会津若松市の仮校舎(旧河東三小)で行った。
 約2年間にわたり太鼓ばやしを練習し、運動会などで盆唄を披露してきた6年生10人の代表が「自分たちの太鼓ばやしへの思いを知ってほしい」とあいさつ。5年生7人が「その思いを引き継ぎます」と継承を誓い、練習がスタートした。
 6年生の模範演奏に続き、町民の松永秀篤さん(64)、小畑功さん(58)、坂井常雄さん(39)が5年生にばちの持ち方や姿勢などを指導した。6年生も先生役を務め、後輩にリズムの取り方などを教えた。5年生は今後、定期的に太鼓の練習に励み、運動会などでの発表を目指す予定。
 盆唄の継承は、町内に立ち入れない児童に伝統芸能を伝え、古里の存在を意識させようと歴代PTA会長会の提案で、現在の6年生が一昨年から取り組んできた。松永さんは「熊町小と大野小の宝として太鼓ばやしを後輩たちに伝えていってほしい」と期待していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧