東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

レールに堆積物 7日除去、性質確認へ 第一原発2号機格納容器調査

 東京電力は6日、福島第一原発2号機原子炉格納容器の内部調査で、圧力容器の真下に通じる機器交換用レール上に堆積物が見つかったと発表した。レールは2月中に投入予定の自走式ロボットの走行経路に当たる。7日に別のロボットを投入し、堆積物の除去や性質の確認を目指す。
 除去作業は自走式ロボットの作動環境を向上させるとともに、堆積物の硬さなどの性質を調べるのが狙い。堆積物除去装置と呼ばれるロボット(幅・高さ各9センチ、長さ30センチ、重さ3キロ)を遠隔操作して行う。ロボットからレール上の堆積物に高圧の水を噴射して吹き飛ばし、金属製の板で押しのけて自走式ロボットの経路を確保する。
 除去ロボットはカメラや照明を備え、空間放射線量が毎時100シーベルトの環境下で10時間稼働できる。ペデスタルと呼ばれる圧力容器を支える基礎部分の手前まで進む予定。
 堆積物は1月下旬に撮影した画像を分析して確認された。東電によると、堆積物は圧力容器に近い約5メートルの範囲に点在し、厚さは最大2センチ程度とみられる。東電はケーブルの被覆や塗装など格納容器内にあった物質が熱や腐食の影響で変形した可能性があるとみている。
 1月下旬に実施したカメラ調査では、圧力容器真下にある作業用足場に穴が開き、溶融燃料(燃料デブリ)の可能性のある堆積物がこびり付いていることが確認されている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧