東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

3月11日福魂祭 郡山 人気アーティスト集合 追悼と復興へ歩み発信

 東日本大震災の犠牲者の追悼と県内の復興を願う「福魂祭(ふっこんさい)」は、震災から6年を迎える3月11日午後0時30分から午後9時まで郡山市のビッグパレットふくしまで開かれる。「ツナガル・ツナゲル 届け ふくしまの想い」がテーマ。華原朋美さんら人気アーティストのステージを通して復興への歩みを発信する。
 市内の経済関係者ら有志による実行委員会の主催。福島民報社などの後援。震災翌年から毎年実施しており、今年で6回目。
 第1部は政府主催の追悼式を中継し、震災発生時刻に黙とうする。第2部はライブで、華原さんをはじめ板野友美さん、岡本真夜さん、平松愛理さん、青山テルマさんら多くの人気歌手が歌声を披露する。パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」も登場する。
 折り鶴に思いを込めて広島に届ける「折り鶴プロジェクト」にも取り組む。県産食材で調理した大鍋を振る舞い、県内の食の安全性も訴える。サクラモリプロジェクトやキャンドルナイト、屋台などの企画もある。
 定員は5000人。入場協力金4500円(全席自由)。収益は県内の風評対策活動に寄付する。チケットはチケットぴあで扱っている。問い合わせは実行委員会事務局 Eメールinfo@fukkonsai.com 電話024(921)2121へ。

■チケットを5組に贈呈

 西條勝昭実行委員長は6日、福島民報郡山本社を訪れ、「アーティストを通して全国に本県の安全・安心を広めたい」と意気込みを語った。玉木幹人副委員長、ライブに出演する郡山市の声楽家橋本妙子さんが一緒に訪れた。
 実行委員会はペア5組にチケットをプレゼントする。希望者は、はがきに氏名、住所、年齢、職業、電話番号を明記し、郵便番号963-8852 郡山市台新1の31の12 西条タクシー内 福魂祭実行委員会事務局「福島民報係」に申し込む。15日の消印まで有効。
 当選者の発表はチケットの郵送をもってかえる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧