東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

今夏 薄磯海水浴場を開設 勿来、四倉と3カ所に

 いわき市は平成29年度、市内の薄磯海水浴場を開設する方針を固めた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて。県が進めている海岸沿いの堤防工事がほぼ完了し、海開きができる見通しとなった。今年は震災と原発事故以降も開設している勿来、四倉両海水浴場と合わせ、3カ所で遊泳できるようになる。平成29年度一般会計当初予算案に関連予算を計上した。
 清水敏男市長が16日、市役所で記者会見して明らかにした。市は年明けから薄磯海水浴場の開設に向け準備を進めてきた。1月に実施した事前検査では空間放射線量が毎時0.05マイクロシーベルト前後、海水の放射性物質濃度は検出下限値未満だった。
 薄磯海水浴場の震災前の22年度入り込み客数は約26万人。市内の海水浴場で最多の入り込み客数を誇っていた。
 清水市長は会見で「海水浴はいわきの夏の観光の要。にぎわいの創出につながる」と期待した。
 市は10カ所ある海水浴場のうち、震災と原発事故後、勿来と四倉を除く8カ所は、復旧工事に伴い安全性が不十分だとして海水浴ができる環境にないと判断していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧