東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興祈念公園は「可変型」 基本構想案まとまる

 国と県が双葉、浪江両町にまたがり整備する復興祈念公園の基本構想案が8日、まとまった。福島市で開いた基本構想検討調査有識者委員会で、公園に完成形はなく社会情勢や県民心情の変化などと連動しながら作り替える「可変型」とする方向で一致した。
 会議後、取材に応じた横張真委員長(東大大学院工学系研究科教授)は「復興祈念公園はまちづくりと連携しながら形作られるべきだ」と強調。「あるときはまちづくりが公園を引っ張り、あるときは公園が先を走るという関係性が大きな特徴になる」との考えを示した。
 基本構想案では、公園に必要な空間機能として(1)被災地全体の追悼と鎮魂の場(2)震災の原因を知り再生の息吹を感じる場(3)震災の脅威、被害を伝え教訓を学ぶ場(4)ふるさとと人々を結ぶ場-と位置付けた。
 津波からの避難場所となった両竹山に展望地を配置し、津波浸水区域や震災の震源方向、東京電力福島第一原発の排気筒などを望める場とする。住民避難によって犠牲となった動物の慰霊碑も整備する。震災遺構として検討される請戸小や県アーカイブ拠点施設などと連携し、震災の記憶と教訓を伝える。
 4月以降にパブリックコメントを実施し、夏ごろに基本構想を策定する方針。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧