東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

全天候型練習場が起工 全国初人工芝で1面確保 Jヴィレッジ

全天候型サッカー練習場の完成予想図

 東京電力福島第一原発事故後、事故対応の最前線拠点となっていたサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉・広野町)で25日、全天候型サッカー練習場の起工式が行われた。県などが進める再整備計画の核となる施設で、サッカーの聖地復活へ向けて大きな一歩を踏み出した。
 関係者ら約60人が出席した。内堀雅雄知事が「練習場を新生Jヴィレッジの魅力の一つとして最高の環境を提供したい。ピッチに子どもたちの元気な声が響き渡るのを楽しみにしている」とあいさつした。杉山純一県議会議長、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長、松本幸英楢葉町長が祝辞を述べた。
 式に先立ち安全祈願祭が催された。楢葉八幡神社の岡田正士宮司が祝詞を奏上。関係者がくわ入れをし、玉串をささげた。
 全天候型サッカー練習場の内部は人工芝で、建築面積約1万1168平方メートル、サッカーグラウンド1面が取れる。県によると、人工芝でサッカーグラウンド1面が取れる広さの室内練習場は全国初だという。平成31年4月の全面営業再開に合わせて供用を開始する予定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧