東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

殉職警官の功績後世に 避難誘導中に津波被害 富岡で碑除幕

除幕された顕彰碑に献花する出席者

 東日本大震災発生時、住民の避難誘導中に津波で殉職した双葉署員3人の功績を伝える顕彰碑の除幕式は11日、富岡町の同署本庁舎前で行われた。
 殉職したのは増子洋一警視=当時(41)=、古張文夫警部=同(53)=、佐藤雄太警部補=同(24)=(いずれも二階級特進)。
 遺族や警察関係者ら約70人が出席した。菅野紀之署長が「3人の崇高な警察魂を語り継ぎ、双葉を守るという強い決意で職務にまい進する」とあいさつした。菅野署長と渋佐克之県公安委員長、松本裕之県警本部長、梅宮勇治県警友会長、松本幸英楢葉町長、水島進富岡地区安全運転管理者協会長、増子警視の父正美さん、古張警部の兄金一さんが除幕した。出席者が献花し、冥福を祈った。
 顕彰碑は高さ1.5メートル、横幅1.3メートル。署員から公募した「その崇高な志 永遠に」の言葉とサクラの模様を刻んでいる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧