東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

震災後初40万人超 昨年度教育旅行で来県し宿泊

 2016(平成28)年度に教育旅行で来県した宿泊者数は43万5468人で、前年度に比べ5万4022人増えた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故以降で初めて40万人を突破した。学校数は262校多い5936校だった。県が28日、公表した。
 県外から泊まりがけで訪れた教育旅行の入り込み数の推移は【グラフ】の通り。28年度は震災と原発事故直後の2011年度の13万2445人に対し約3・2倍となった。
 都道府県別に見ると、北海道からは1956人で、前年度の868人から2倍以上に増えた。中国地方からは602人が訪れ、前年度の301人の2倍となった。
 一方、震災前の2009年度の70万9932人と比較すると2016年度は61・3%にとどまる。県は風評払拭(ふっしょく)に向けた情報発信をはじめ、バスや合宿経費の助成を継続し、さらなる宿泊者数と学校数の増加を目指す。
 調査は県内の民間と公営の計597施設・団体を対象に、修学旅行や林間学校、スポーツ合宿などで来県した小学生から大学生までの延べ宿泊人数などを集計した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧