東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南相馬9000人の食糧、3日分保管 防災備蓄倉庫が完成

約9000人分の水や食料などを備蓄する倉庫。搬入・搬出にはフォークリフトを用いる

 南相馬市は原町区萱浜に約9000人分の食糧3日分などを保管できる防災備蓄倉庫を完成させた。落成式が26日、現地で行われた。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で物資が市内に届かなかった教訓から初めて整備した。倉庫には災害用備蓄米約3万食のほか、2日分の飲料水として500ミリリットルペットボトル10万8000本、毛布や下着といった生活物資などを備える。災害時には市内の避難所や協定を結んだ友好都市に物資を運ぶ。平常時は消防団の研修や訓練の拠点とする。
 電動式の大型棚、フォークリフト1台を導入した。鉄骨平屋で敷地面積は約6827平方メートル、延べ床面積は約1005平方メートル。総事業費は3億9787万円。市は鹿島、小高両区にも倉庫を整備するよう今後検討する。
 落成式には70人が出席した。桜井勝延市長が「震災の教訓を忘れずに復興に取り組む姿を全国へ発信する」と式辞を述べた。細田広市議会議長があいさつし、横山忠弘復興庁福島復興局長らが祝辞を述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故

非常用飲料水なども保管されている

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧