東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

川俣・山木屋唯一の給油所先月閉店

昨年12月に営業を終了した「エナジーポイント山木屋」

 東京電力福島第一原発事故の避難指示が昨年3月末に解除された川俣町山木屋で唯一の給油所「エナジーポイント山木屋」が昨年12月に営業を終了した。原発事故後に運営を担った県外の業者が、除染業務の縮小で給油所の需要が減ったと判断した。地元農家は農業再生に向け再開を望むが、土地・建物を所有するJAふくしま未来は経営面などから再開に慎重な姿勢を示している。
 給油所は燃料油販売・配送の三和エナジー(横浜市)が避難指示に伴い休業していた「JA山木屋給油所」の土地・建物を借り、2014(平成26)年から除染業者の車両を中心にガソリンなどを販売していた。同社は福島民報社の取材に「福島の復興をお手伝いしたいと進出した。除染が一段落し、役割を終えた」と営業終了の理由を語った。
 地元農家からは給油所の必要性を訴える声が上がっている。農業渡辺直一さん(82)は「農機やトラックの燃料が近くで買える場所は貴重だ。営農再開に伴って需要は増えるはずだが...」と嘆く。
 JAふくしま未来の担当者は燃料を管轄する子会社が再開の可否を判断するとした上で、「老朽化している設備の修理費や住民の利用状況を踏まえると、新たな給油所の運営は難しい」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧