東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

Jヴィレッジのスタジアム再開前倒し 7月、施設8割利用可能に

 Jヴィレッジ(楢葉・広野町)の中核施設であるメインスタジアムが7月28日の一部再開に合わせて利用可能となる。運営会社Jヴィレッジの上田栄治副社長が19日、郡山市のJR郡山駅西口駅前広場で催した「再始動100日前イベント」で明らかにした。当初は来年4月の全面再開時を予定していたが、復旧工事が順調に進んだため前倒しする。
 7月の一部再開時は客室約120室や300人収容の会議ホールを備える新宿泊棟やグラウンド(天然芝5面、人工芝1・5面)などが利用可能となる。5000人収容の観客席を備えるスタジアムの復旧が一部再開に間に合えば、大規模大会などを誘致する上で好材料となる。再開1年目から集客に弾みが付きそうだ。
 Jヴィレッジの各施設の再開時期は【地図】の通り。7月の再始動時に全体の7~8割程度の機能が戻ることになる。全面再開時には、新設する屋根付き全天候型練習場や残りの一部のグラウンドも利用可能となる。
 スタジアムは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故前まで、東電女子サッカー部マリーゼのなでしこリーグ公式戦や、全国高校サッカー選手権県大会決勝、各種全国大会などの舞台として親しまれていた。原発事故の発生後は事故収束に向けた作業の拠点となり、東電社員向け単身寮などが建設された。2016(平成28)年度に県側に返還され、原状回復が進められていた。

■8月の予約延べ約7000人

 Jヴィレッジは再開後のグラウンド利用や宿泊の予約を1日から受け付けており、夏休み期間に当たる8月には震災前の同期を上回る延べ7000人弱の予約が入っている。
 上田副社長は「子どもから大人まで、幅広い年代にスタジアムを利用してほしい。工事関係者の努力に感謝するとともに、一層の利用促進を目指す」と話している。
 問い合わせはJヴィレッジ 電話0240(26)0111へ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧