東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南海老・蒲庭間開通 県道原町海老相馬線の再整備

開通式を終え、新道を走行する関係者の車両

  東日本大震災の津波で被災し、県が再整備している県道原町海老相馬線のうち、南相馬市鹿島区と相馬市蒲庭を結ぶ南海老・蒲庭工区(延長約2キロ)が22日、開通した。
 同線は相馬市と南相馬市の海沿いを結ぶ。南海老・蒲庭工区は津波の被害が大きかった旧道より最大約500メートル内陸に新たな道路を整備し、津波対策として2~5メートル程度かさ上げした。幅員は10メートルで片側1車線。旧道は今後、大部分が県の防災林として整備される。
 開通式典が南相馬市鹿島区北海老の同工区路上で行われた。県や相馬、南相馬の両市、被災当時に復旧に携わった自衛隊などから約100人が出席した。杉明彦県土木部長、立谷秀清相馬市長、門馬和夫南相馬市長らが祝辞を述べた。関係者がテープカットし、開通を祝った。関係者の車両が次々に通行した。
 式典後、午後5時から一般車両の通行が開始された。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧