2018全国高校野球選手権福島大会

出場チーム紹介

川俣・梁川

部長 長沢 敏浩(梁川)

投 斎藤  緑(2)川俣(川俣)
捕 菅野 璃久(2)川俣(川俣)
一 橋本 駿真(3)川俣(川俣)
二 渡辺 直人(2)川俣(川俣)
三 佐藤 遥斗(1)梁川(梁川)
遊 原  瑚堂(3)梁川(梁川)
左◎細川 竜太(3)飯舘(川俣)
中 佐藤 亜月(2)梁川(梁川)
右 佐藤 肇城(2)梁川(梁川)
補 加藤 龍海(3)桃陵(梁川)
〃 斎藤  拓(2)岩代(川俣)
〃 真下 陽生(2)伊達(梁川)
〃 霜山 那音(2)梁川(梁川)
〃 山岸 柚心(1)梁川(梁川)
〃 高橋 侑大(1)川俣(川俣)


【投手力】右上手の2人が支える。主戦斎藤緑は球威とスタミナがある。橋本は変化球の制球に優れる。
【攻撃力】犠打で確実に走者を進める。1番原は出塁率が高い。長打力のある中軸の細川、斎藤緑が得点源。
【守備力】渡辺、原の二遊間を中心にセンターラインが安定。ミスを減らし、最少失点で切り抜けたい。
 加藤昌宏監督(川俣)守り勝つ野球でベスト8進出を目指す。


地区:県北