放射線量が帰還阻む 自宅解体後も望郷の念【復興を問う 帰還困難の地】(19)

2020/08/15 11:19

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
野行の自宅から持ち帰った階段の足場をなでる大槻さん。モミジの木を自分で切り、加工した
野行の自宅から持ち帰った階段の足場をなでる大槻さん。モミジの木を自分で切り、加工した

 東京電力福島第一原発事故で全域が帰還困難区域となっている葛尾村野行(のゆき)行政区長の大槻勇吉さん(71)は長きにわたり、自宅の手入れができずにいた。 避難生活を送っている三春町恵下越 …