薄れる関心に焦燥感 「国の責任」訴え続ける【復興を問う 帰還困難の地】(31)

2020/09/27 11:20

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
双葉町の復興拠点と拠点外を隔てるバリケード。町は拠点外を一括で復興拠点に認定するよう求めている
双葉町の復興拠点と拠点外を隔てるバリケード。町は拠点外を一括で復興拠点に認定するよう求めている

 東京電力福島第一原発事故から十年目となった今、風化が復興の壁になっている-。双葉町の伊沢史朗町長(62)に焦燥感が募る。「国民の思いは薄れてきているのかな。まだ誰も戻れていないのに」  …