第6回ふくしま産業賞 福島民報社奨励賞 アルファ電子(天栄) 異業種に挑戦、麺開発

2021/01/28 23:51

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 電子機器部品製造業として創業し、半世紀を迎えた。異業種参入を目指し、米粉を使った新たな麺の開発を進めてきた。米粉とでんぷんでつくる「う米(まい)めん」の販売を九月に始めた。

 創業家三代目の樽川千香子専務(40)は、父である久夫社長(65)からの事業継承を見据える。電子部品の受託製造は景気の波に業況が左右されやすい。樽川専務は従来の事業展開を続けていては売り上げが伸びず、社員の雇用にも影響が出ると危機感を覚えた。新たな事業の柱として日本人に最も身近な米に着目し、米粉麺の開発に挑んだ。

 う米めんはもちもちとした歯応えのある食感が特徴で、小麦アレルギーの人も楽しめる。ゆで時間は太麺でも約三分半と、調理時間が短い。今後は東京都の工学院大と共同で県産米を活用した麺の開発を進める。県産の野菜や畜産物にこだわったソース作りにも力を入れる。

 樽川専務は一児の母で、子どもが小さい時はアレルギーや好き嫌いで悩んだ時期もあったという。子育ての経験がう米めんの開発につながった。「経営やものづくりで、女性の視点を大切にしたい。おいしい食品で福島の復興を支える」と志は高い。

■メモ

▽設立=1969(昭和44)年4月

▽社長=樽川久夫

▽従業員数=150人

▽住所=天栄村飯豊字向原60の2

▽電話番号=0248(83)2139