第6回ふくしま産業賞 特別賞 葛力創造舎(葛尾) 若い力集め村に活力

2021/01/28 23:40

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 葛尾村を拠点に、規模の小さなコミュニティーでも住民が幸せに暮らせる経済の仕組みづくり、人材育成を目指して活動している。東京電力福島第一原発事故で全村避難を経験した村の抱える少子高齢化、人口減少という大きな課題の解決が目標だ。

 村に人を呼び込み、若者を育てるため、県内外から大学生らのインターン研修生を積極的に受け入れている。各種事業の運営を任せ、村内企業に働き手として送り込んでいる。村に宿泊施設が少ないため、民泊事業を始めた。村内の民家を借り、最大二十人が宿泊できる施設「ZICCA(ジッカ)」を整備した。「田舎の実家に帰って来たような生活を体験できる」を売りにしている。インターン生や県外からの教育旅行生を含め、延べ千人以上を受け入れた。

 地域資源を活用するため、村内産米を使った新商品開発に力を入れている。その一環として、県オリジナル米「里山のつぶ」のみを使った日本酒「でれすけ」を発売した。甘酒「ノマッシェ」も販売している。田植えや稲刈りなどの農作業が村民との交流創出につながっている。

 下枝浩徳代表理事(35)は「受賞は村の皆さんの協力があってこそと考える。村の自立と持続に向けて、仕事を産み出し、地域づくりに務めていきたい」と意欲を語った。

■メモ

▽設立=2012(平成24)年2月

▽代表理事=下枝浩徳

▽従業員数=6人

▽住所=葛尾村野川字十良内118の2

▽電話番号=0240(23)6820