聖火だより エンブレムの金型職人参加 東京10日目

2021/07/19 09:37

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 東京五輪の聖火リレーは十八日、東京都足立区の卸売市場に設けられたステージで、公道走行の代わりとなる点火セレモニーが開かれた。トーチに付いた五輪エンブレムの金型を制作した金属彫刻師の佐藤英夫さん(79)は「下町の職人が手掛けた“匠(たくみ)の花”がオリンピックの血液として全国を巡った」と感無量。三〇度を超える厳しい暑さの中、脚の障害を克服し、陸上競技に励む島佳広さん(54)や俳優の杉浦太陽さん(40)も炎をつないだ。