【写真展138億光年宇宙の旅】㉕閉幕まで1週間

2022/08/15 09:14

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
天体画像のパネルなどが並ぶ会場
天体画像のパネルなどが並ぶ会場

福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開催中の写真展「138億光年 宇宙の旅」は、21日の閉幕まで1週間となった。天体画像のパネル125点と天体観測の図解パネル15点などを展示している。来場者は「美しい星の写真に癒やされた」と話していた。 福島民報社の主催。一般千200円、中高生900円、小学生600円。16日まで、観覧した小学生は会場のミニプラネタリウムを無料で体験できる。


概要=天体画像パネル125点などを展示

会期=21日まで

会場=福島市、とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)

観覧時間=午前10時~午後5時(最終入館は午後4時30分)

観覧料=一般1200円、中高生900円、小学生600円

関連事業=16日まで、観覧した小学生は会場のミニプラネタリウムを無料で鑑賞できる

主催=福島民報社(創刊130周年記念事業)

問い合わせ=福島民報社事業局(平日午前10時~午後5時) 電話024(531)4171へ。