「風の谷のナウシカ」中心に貴重な資料展示 福島県須賀川市で「アニメージュとジブリ展」開幕

2022/09/17 21:14

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
細かく再現された「ラピュタ」の立体造形物などを鑑賞する来場者
細かく再現された「ラピュタ」の立体造形物などを鑑賞する来場者

 日本のアニメ界をけん引するスタジオジブリの原点をたどる「アニメージュとジブリ展 一冊の雑誌からジブリは始まった」は17日、福島県須賀川市文化センターで開幕した。

 アニメ雑誌「アニメージュ」(徳間書店)に焦点を当て、アニメブームの草創期のエネルギーを伝える。同誌で連載していた宮崎駿監督の作品「風の谷のナウシカ」を中心に、誌面やアニメで使用された絵など約200点の資料を展示している。

 造形作家・竹谷隆之さんが手掛けた「風使いの腐海装束」や、「天空の城ラピュタ」に登場する「ラピュタ」の立体造形物などが来場者を迎える。

 17日はオープニングセレモニーを催し、関係者がテープカットで開幕を祝った。会場限定グッズなどが販売され、売り場が盛況だった。

 展覧会は市や福島民報社などでつくる実行委員会の主催、福島民報創刊130周年記念事業。