高校ラグビー

勿来工28日初戦 全国高校ラグビー開幕

2022/12/28 10:40

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
初戦に向け最終調整を行う勿来工フィフティーン
初戦に向け最終調整を行う勿来工フィフティーン
後輩たちの活躍を期待する加藤さん
後輩たちの活躍を期待する加藤さん

 第102回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕した。福島県代表で25年ぶり6度目の出場の勿来工は大会第2日の28日午後0時50分から、同ラグビー場第3グラウンドで行われる1回戦で目黒学院(東京都)と対戦する。

 勿来工の選手は23日に同校を出発し、三重県や大阪府などで調整を進めてきた。27日は地元の高校生相手に攻撃や守備の最終確認に汗を流した後、花園ラグビー場に移動して会場の雰囲気などを確認した。

 目黒学院は3大会連続21度目の花園出場。守備からリズムをつくり好機を確実に得点につなげる。勿来工はスペースをうまく使う「展開ラグビー」を得意とする。堅守の目黒学院相手にどれだけボールを運べるかが試合の行方を左右しそうだ。


■「悔いのないプレーを」 25年前に勿来工主将 加藤さんがエール

 25年前の勿来工花園出場時の主将だった加藤伸一さん(43)=いわき市=は「花園で自分たちの力を出し切り、悔いのないプレーをしてほしい」とエールを送る。

 卒業を機にラグビーからは離れたが、後輩たちの活躍は常に楽しみにしてきたという。「近年は部員不足などの話も聞いていたが、今年の活躍は本当にすごい」と期待した。