福島市で新型コロナワクチン職域接種始まる 初日は1000人が受ける

2021/07/31 19:57

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
福島市で始まった職域接種でワクチン接種を受ける中小企業や飲食店の従業員ら=福島トヨタクラウンアリーナ
福島市で始まった職域接種でワクチン接種を受ける中小企業や飲食店の従業員ら=福島トヨタクラウンアリーナ

 福島市は31日、市内の中小企業や団体などを対象とした市独自の職域接種を福島トヨタクラウンアリーナ(国体記念体育館)で開始した。

 初日は市内の10企業・団体の従業員ら約1000人がワクチン接種を受けた。当初、米モデルナ製のワクチンを使用する予定だったが現在、供給が停止しているためファイザー製を使用した。市の担当者は「企業内で休みの調整などがしやすい職域接種は効率が良い。政府からのワクチン供給が円滑に進めば接種が飛躍的に進む」と期待した。