アウトドア キャンプ 自然と生きる in 福島

自然の中で食べる「ごちそう」紹介します!レシピも!

【アウトドア キャンプ 自然と生きる】愛犬ともっと仲良く(天栄村・エンゼルフォレスト那須白河)

2021/11/28 14:25

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
兼子さんの始動でルアーフィッシングを楽しむなすびさん(手前)
兼子さんの始動でルアーフィッシングを楽しむなすびさん(手前)
森を流れる小川沿いで看板犬「ジーナ」と散歩するなすびさん
森を流れる小川沿いで看板犬「ジーナ」と散歩するなすびさん

 天栄村のエンゼルフォレスト那須白河は二岐山から程近い羽鳥湖高原に広がる複合リゾート施設。「愛犬ともっともっと仲良くなれるリゾート」がコンセプトで、愛犬と寝泊まりできるコテージやドッグランなどが充実している。雄大な自然林を生かしたオートキャンプ場、国内最大級の管理釣り場など多彩な施設が点在し、温泉も楽しめる。タレントのなすびさん(福島市出身)とルアーフィッシングや看板犬「ジーナ」の散歩、村特産品を使った料理を楽しんだ。

■ゲーム性高い 釣り楽しんで

 施設の中央にある管理釣り場は国内最大級で、ニジマスやイワナ、ヤマメなどの魚影が濃い。釣り人にとって「幻」とされる巨大魚イトウも放たれている。

 餌釣りは禁止。魚や昆虫などを模したハードルアーかフライのみでゲーム性が高い。「ルアーフィッシングは幼少期以来」というなすびさんは、フロントチーム支配人の兼子将さんからルアーの投げ方、魚の誘い方などを教わりながら約1時間、さまざまなルアーを投げては巻くの試行錯誤を繰り返した。

 「大きな魚がルアーを追い掛けてきたが、もう少しのところで見切られた」。なすびさんは釣果無しの“ボウズ”を残念がった。兼子さんも「昼下がりで時合いが良くなかったのかもしれない」と悔しがった。

 魚の活性が上がる朝夕はとくに釣果が期待でき、大物が連発で連れることもある。釣り具のレンタルと1時間券が一緒になった「ちょい釣りセット」も人気という。

■エンゼルフォレスト那須白河

【ドッグラン、ドッグウォーク、ドッグスポーツコースなど】

 午前10時~午後5時

 1匹1日当たり税込み1,100円(2匹目以降は550円。午後2時以降の半日は1匹550円)※宿泊者は無料

【フィッシング】

 午前7時~午後5時(季節により変動。ハードルアーとフライのみ)

 2時間券2,000円、4時間券2,500円、6時間券3,000円、1日券4,000円(全て税込み)

【キャンプ】

 ドッグラン付きドッグフリーサイト、グランピングサイト、オートサイトなど全てのサイトで愛犬との宿泊が可能。宿泊料金、空き状況は専用ホームページ(https://www.ang-f-ns.com)へ。

◇場所=天栄村羽鳥字高戸屋39

◇アクセス=東北自動車道白河ICから車で約30分、郡山南ICから車で約1時間

■ヤーコンふんだんに

 なすびさんはオートキャンプ場で天栄村特産のヤーコンやブランド米「天栄米」をふんだんに使った、ご当地「キャンプ飯」づくりに挑戦した。

 メニューはヤーコンの混ぜご飯「ヤーコンめし」と、ヤーコンとリンゴを使ったパイ「ヤップルパイ」。村食生活改善推進員の丸木市子さんと金子良子さん、村栄養士の高久裕美子さんの手ほどきを受けて調理した。

 ヤーコンは中南米アンデス高地原産の根菜。シャキシャキとした食感が特徴でフラクトオリゴ糖やポリフェノール、食物繊維などを多く含む。

 村の新名物マカを使った香辛料調味料「天栄マカフリフリ」をヤーコンめしに振り掛けると、スパイシーな味に変化する。なすびさんは「ヤーコンの食感が癖になる。マカフリフリの刺激も最高」と大満足の様子だった。

■看板犬と散歩 湖畔の森のドッグウォーク

 大型犬用と小型・中型犬用のドッグランをはじめ、愛犬のリード外して散歩できる全長約200メートルのドッグウォークが湖畔の森にある。なすびさんが看板犬ジーナと一緒に散歩と森林浴を楽しんだ。

 ジーナは大型犬グレート・ピレニーズのメスで4歳。ふわふわとした毛並みと愛くるしい目元がチャームポイント。楽天トラベルの看板犬ランキングで全国2位に輝いた。朝と夕の1日2回、湖畔などを散歩している。

■「本格的」を手軽に堪能 オートキャンプ場

 自然林を生かしたオートキャンプ場は、プライベートを保てるように区画割りされ、全てのサイトで愛犬との宿泊が可能。ドッグフリーグランピングでは柵内で愛犬のリードを外し、自由に遊ばせることができる。

 キャンプ用品のレンタルもあり、本格的なアウトドアを手軽に楽しめる。温水機能付きの洗い場、洗濯場、トイレなどを完備し長期滞在も可能。森の中にログサウナもある。

 管理釣り場を取り囲むように多種多様なコテージが点在する。ドームコテージはペット同伴室と一般棟の2種類があり、いずれも2~4人定員。本格的なログハウス、貸別荘コテージなどもある。

【達人のこだわり】ダイユーエイト福島西店 斎藤由樹店長 一人用に最適なサイズ感

 今回のおすすめはキャプテンスタッグのアイテムで2つあります。1つ目は「カマド スマート ストーブ 〈デルタ〉」。煙突効果を利用した熱効率のよいミニストーブで、継ぎ足し口をふさぐフロントパネル付き。フロントパネルが薪用トレーになり、ミニ焚火台として使え、シェラカップや小型のクッカーも置けます。組み立ても簡単で、超薄型なので収納もコンパクト。ツーリング、お一人さまキャンプに最適なサイズ感です。

 2つ目は「ラグナ ステンレスクッカーMセット」。さびと熱に強く、厚手で料理に適しています。幅広い料理がこれ一つで作れます。3点セットが一つにまとめて収納できるので、持ち運びにも便利です。