新型コロナ 福島県内の情報

福島県内オミクロン株新たに54人 累計141人に 県発表

2022/01/25 21:17

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は県内で感染が確認された新型コロナウイルス感染者のうち、新たに54人が新変異株「オミクロン株」による感染だったと25日、発表した。県衛生研究所で17日から23日までに実施したゲノム解析で確定した。県内のオミクロン株の感染確認は累計141人となった。

 また、県衛生研究所などで17日から23日までに実施したオミクロン株疑いを調べるスクリーニング検査では、453件のうち430件(94・9%)がオミクロン株疑いで、23件(5・1%)がデルタ株疑いだった。オミクロン株疑いは前週1週間の87・5%より7・4ポイント増加しており、県は置き換わりがさらに進んだとみている。

 県は県衛生研究所でゲノム解析を進め、オミクロン株かどうかを確定させる。